ミャンマー専門支援ビジネスのなぜ今ミャンマーなのか?
ホーム > なぜ今ミャンマーなのか? > 有利な企業規模

お問い合わせ

0479-22-0008
メールでのお問い合わせ
ミャンマー専門支援ビジネスブログ
プライバシーマーク

有利な企業規模

中小・零細企業に優位

大企業が事業化を進める場合は、ある程度の量と、供給や受給の安定性確保が必須となる。ミャンマーのインフラの現状を考えると、安定性や一定の量を確保することは容易ではない。
12年9月のミャンマーに対する米国の経済制裁政策が事実上の解除になったとはいえEUなど若干の制裁政策が残る中、日本の大手企業がミャンマーで経済活動を全面的かつ積極的に行うことはまだまだ厳しい状況下にある。
日本の中小企業の多くは、アメリカとの交易とは関係ない分野で事業活動を行なっており、同国での不買運動等は怖くはない。ミャンマーの将来性については、多くの識者や商社マンは、東南アジア諸国の中では一頭地を抜いていると評している。ちなみに今から40年くらい前は、ミャンマーは東南アジア屈指の経済強国であった。


中小企業進出に有益な分野

「ミャンマー進出」チャンス+リスク