ミャンマー専門支援ビジネスのなぜ今ミャンマーなのか?
ホーム > なぜ今ミャンマーなのか? > ミャンマーの成長分野

お問い合わせ

0479-22-0008
メールでのお問い合わせ
ミャンマー専門支援ビジネスブログ
プライバシーマーク

ミャンマーの成長分野

①資源開発(天然ガス、電力、鉱物)

→パイプライン、送電線、陸路で中国、タイへ輸送=近隣諸国にとって重要。  

②労働集約産業(衣類・靴・鞄)

→「China+1」の生産拠点として日本、韓国にとって重要。  

③建設・不動産・インフラ

→公共投資、政府施設(土地・建物)の売却、土地バブルの発生の可能性有り。 ゼネコン、政商にとって需要であり、日本のインフラ輸出の可能性大。  

④消費財、耐久消費財(自動車、家電等)

→一部の富裕層にとって重要であり、日本のお家芸にチャンス有り。